無駄な買い物が減って特別出費や外食も減るささやかな節約方法

pixta_5593960_S

おかんげんきさん
60歳で還暦になりました。
主婦歴38年

・どんな節約をしていますか?

①お風呂お湯で洗濯する。
②お風呂にはいったら目についたところはその都度掃除したら洗剤なしでも十分きれいになる。
③私が最後に入るようにして身体をふいたバスタオルで風呂場の水滴をふいておく。
④トイレにお風呂のお湯をバケツにとっておいて小の時はバケツで流したりトイレ掃除に利用する。
⑤いらなくなったタオルや服等は雑巾ぐらいの大きさに切って保管し、毎日チョコチョコと掃除している。
⑥キッチンでは新聞紙をA4サイズ位に切っておいて油の汚れふきに利用。服の端切れもケチャップ等拭きに利用。
⑦割りばしはすてないでおいておいて揚げ物や炒め物をする菜箸がわりに利用してから捨てる
⑧洗い物はなるべくまとめて洗う。
⑨牛乳パック等はおいておいて肉や魚等を切る時に利用している。
⑩ケトルでお湯をわかすが少しお湯が残る事が多いので魔法瓶に入れて次に利用する。
⑪掃除機がかけやすいようになるべく下にはものはおかない。
⑫買物には必ず紙メモに書いていく。
⑬もちろん空腹では行かない。
⑭一駅ぐらいなら自転車でいく。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

老後の事を考えるととても年金だけでは足らないので、膨れ上がった生活の無駄を見直しました。
65歳まではハングリー精神で楽しみながら節約しようと決めました。

・節約効果はありましたか?

些細な節約なので目にみえないですが、すべてにおいてお金を大切にするようになりました。
無駄な買物が減って、特別出費も外食も減りました。

①は誰でもやっているだろうと思います。
③のバスタオルでふくっていうのは最初面倒に感じがしますが、もう慣れたし、カビがほとんど発生しなくなりました。
漂白する手間やお金節約になっていると思います。
④のトイレも、水を置いているとちょこちょことできるので便利です。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットは汚れてからの掃除ではなく、前倒しの掃除っていう感じなので毎日がさわやかな気持ちで生活できることです。

デメリットは、人にはケチと思われる恐れがあるので誰にもいえないことです。

・これから始めようとしている方へアドバイス

どんなことでもストレスにならない、その人にあった方法を見つけたらいいと思います。
私は上記の事を苦痛とは思わないし、楽しみながら前倒しの掃除をしています。

私が楽しみながらやっていたら家族も嫌な思いはせずにすむと思います。
私が一番気をつけているのは、家族に節約を強要しない事です。

二番目に友人知人も大分断捨離をした感はありますが、今残っている方々との付き合いのお金はけちらないように気をつけている。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ