食費のレベルダウンとお買い得ハンティングで家計を引き締め作戦!

★写真に写っている領収書は自身で作成したものです。

noricoさん
36歳の兼業主婦、主婦歴10年目になります。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

夫が今度脱サラするため、さらなる家計引き締めをするべく奮闘しています。
携帯通信費の見直しをして(もともとスマホを持っていないのでこれ以上減らせません!)みたり、ガス・電気代のプランをエコなものに設定したりと、できる限りの固定費削減はあらかたし尽してしまいました。

・どんな節約をしていますか?

現在は食費が大きな節約ターゲットとなっています。

最近大きな成果を得ているのが、「レベルダウン」作戦です。

少し前までは、「生活全体を見た時には慎ましくても、食べるものは体の健康の基本になるものだから、妥協はしないでおこう。」と考えていました。
できるだけ有機栽培・農薬不使用の野菜や肉類、お米を買ったりしていたのです。
これは美味しいのは確かですが、やはりコスト的にはかなり高くなります。

そこで、思い切ってこういったレベルの高い食料を切り捨てていくことにしました。
パンを作る際の小麦粉は国産無農薬のものでしたが、これをスーパーのPB商品に変え、また野菜や果物は旬のものを主力にして、一番お買い得になっているものを選ぶようにしました。
 

以前は一か所のスーパーでまとめ買いをしていたのですが、自転車で回れる射程距離内のスーパーチラシを全て比較検討し、一番コスパバランスの良さそうなお買い得商品をめがけて突撃しています。

前は、「自転車でスーパーめぐりをするのは、確かにお得かもしれないけど時間がかかるな…」と思って敬遠していました。
ですが趣味としての早朝ウォーキングをやめ、自転車による「スーパーお買い得品ハンティング」を日常的な運動の一つとしてとらえると、これはこれで結構な運動量になり、運動不足も解消されています。

・節約効果はありましたか?

2か月ほども試せば、だいたい各スーパーの売り出し感覚・タイミングもつかめてきますので、かなり効率よく狙いをつけられるようになりました。
あれもこれも…と欲張って全ていいとこどりをしようとすると、本当に時間がかかって破綻してしまいますから、「多くても週に2軒」と限定をしてハンティングに向かうのが、続けられるこつだと思います。

これを始めて以来、家計簿をこまめにチェックしていたのですが、徐々に食費のエンゲル係数が減少していき、数か月で-30%ほどの軽減に成功しました。

・これから始めようとしている方へアドバイス

節約術には家庭によって向き・不向きがあると思うので、これが絶対に至高の手法だとは言えません。
ですが私の場合、自転車をこいでストレス発散および運動不足を解消することができ、荷台に「戦利品」としての野菜数キロをのせて帰宅するという、狩猟採集生活の名残のような原始の喜びを実感したいという主婦の方には、かなり実益をともなった節約方法だと思います。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ