柚子を上手に使ってポン酢や化粧水などに利用する節約方法

pixta_30095833_S

春名さん
43歳、主婦歴15年

・どんな節約をしていますか?

私の家には古くから柚子の木が一本あります。
今回はこの柚子をテーマに節約術をご伝授したいとおもいます。

柚子というのは1年目に実が鈴なりになりますが、その次の年には数える程しかなりません。
買えば高い物ですが、木を植えると毎年実がなります。

この柚子ですが、お風呂に入れる方、ジャムにする方等いろんな調理方法がありますが、実はこの柚子、捨てる部分が無いのをご存じでしょうか?
 

私はこの柚子の実がなると、半分に切り手動のジューサーで汁をしぼります。
この汁をペットボトルに入れて、分量の5%の塩と酢を入れます。
この塩と酢をいれることでひと冬の間、冷蔵庫で保存することができるのです。

この柚子果汁はお鍋をするときに醤油と割るとポン酢になります。
これでひと冬分のポン酢を買う必要がなくなります。
 

種は焼酎の中に漬け込みます。
2週間程で柚子化粧水ができあがります。
乾燥がひどい人は薬局に売っているグリセリンを買うといいでしょう。
肌が弱い人は精製水で割るといいでしょう。

柚子化粧水は肌の乾燥にとても効果のある化粧水です。
これでひと冬分の化粧水を買う必要がなくなります。
 

皮はうすく剥いて千切りにした後、ラップに並べて冷凍します。
ちらしずし、お吸い物、おそば、茶碗蒸し等の香り付けに散らすといいでしょう。

そして最後の残り皮は出汁パックに入れて冷凍しておきます。
お風呂に入る時に入浴剤代わりに使います。
これで好きな時に柚子風呂に入ることができます。

その他に薄皮を砂糖と一緒に漬け込むと柚子茶の出来上がりになりますし、柚子果肉とみそと卵黄で柚子味噌ができあがります。
柚子はオレンジやグレープフルーツと同じかんきつ類ですが、捨てるところがありません。
昔の人の知恵を上手に使うと何万円分もの節約になります。
 

私もかなり長くこの方法を愛用していますが、化粧水、ポン酢、入浴剤等を冬の間購入する必要がないのでとても助かるうえに、家族も大喜びです。
みなさんも柚子を頂くことがあればぜひこの方法を試してください。
きれいにすっきり使いたおす事ができるのでとても気持ちがいいですよ。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ

家事や育児の隙間時間に
今どき主婦の在宅ワーク

文章を書いてお小遣いがもらえる「在宅WEBライター」の稼ぎ方について、分かりやすく解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です