節約の基本はまめに働いて一円も無駄にせず家計をやりくりすること

pixta_23425927_S

春名さん
現在43歳、パート勤務。
主婦歴は15年。

・どんな節約をしていますか?

私が一家の家計を背負い、家族が頑張って働いてくれたお金を一円も無駄にすることなく、家庭をやりくりしてきたそのノウハウを教えようとおもいます。

家計のやりくりは、ずばりまめに働くことです。
家族が汗水流して働いて作ってきてくれたお金を横着をするために使うというのはあまり良いことではありません。
だから生活用品のすべてを安物で済ましてしまうのも私はあまり賛成できません。

節約の基本は体を動かすことにあるような気がします。
衣類は丁寧に洗濯し、ジーンズ等の色ものは裏向けたり、陰干しにして色あせしないよう長く着られるように工夫をします。

お風呂の残り湯で洗濯するのも素晴らしいアイデアですね。

毎日の食事もインスタントやお惣菜はとても不経済です。
簡単に手間暇をかけずに済ますことができますが、値段も相当なものです。
安い食材を仕入れ、手間暇をかけると素晴らしい食事ができあがります。

お昼もコンビニのお弁当や食堂のごはんよりもお弁当が経済的です。
早起きに自信のない人は冬の間なら前の晩に作っておけば、朝ごはんをつめるだけでお弁当ができあがります。

家の掃除も豆知恵袋の本を買えばたくさんアイデアが載っています。
洗剤の代わりに酢や塩を使ったアイデアもたくさんあります。
破れたパンストも生ごみネットに変身するのをご存じだったでしょうか?

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

特にお金に困っていたわけではないのですが、私はこういう知恵を使って家を切り盛りするのがとても大好きです。
新聞の記事に新しいアイデアが載っているのをみるとすぐに試してみたくなります。
こういった昔からの知恵をふんだんに取り込んだ節約術が一番良いと思います。

・節約効果はありましたか?

一日数百円程の節約にしかなりませんが、チリも積もれば山となります。
何年も積み重ねると大金を生み出します。

・メリットとデメリットを教えてください

この方法は朝も早く起きなくてはいけないし、いろいろ手間暇もかかります。
めんどくさいなあと思うこともあります。

だけど体と頭を動かすと、右脳が活性化され人間関係もスムーズになります。

・これから始めようとしている方へアドバイス

ケチと節約は似ているようで全く違います。

私の家では無駄な物にはお金をかけませんが、必要な物は高くても、ちゃんとしたものを購入するように心がけています。
だから物が長持ちして、出費がへります。
この循環に気がついた時節約のプロになるでしょう。

お金は天下の回りもの、だけど同じ回すのなら上手に回して、豊かな生活をしたいものですね。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ