それ本当に必要?買う前に整理整頓して無駄遣いしなくなる節約術

pixta_7807898_S

元気フラワーさん
35歳、結婚8年目の主婦です。

安売りセール、百均、好きですか?
私は大好きです。
そしてつい買いすぎてしまい後悔したのがが何度あったことか……。

いくら安くても出費は出費ですし、何よりモノも増えます。
「かつおぶし、無いと思ったから買ったのに二袋もストックあるじゃん」
こんな失敗、一度や二度じゃないです。
 

なぜそんなことになってしまうのか。

去年家を購入したのを機会に、私は収納を見直してみました。
食材のストックコーナーを作り、一目見て在庫を確認できるようにしたのです。
すると、スーパーのチラシを見て、「マヨネーズが安い!ストックはあと一本しか残っていないから買おう」とか「ソースは三本在庫があるから買わなくていいな」など判断が即座に出来るようになったのです。

買い物の効率が良いですし、何より無駄買いしなくて済みます。

コツをつかんだ私は、今度はシャンプーなどの雑貨のストック収納も見直しました。
ひと月に、何をどのくらい消費しているのか把握しメモを作り、月一の5パーセントオフの日に買い足すよう作業をルーティン化しました。
 

節約できるばかりでなく、家事が上手く回るようになってきたのです。

コツは、家にある「在庫を把握すること」、そして最も重要なのが「使い切ること」です。

特売のティッシュ箱、物置の奥に眠っていませんか?
キッチンの引き出しのなかに、賞味期限切れの調味料など眠っていませんか?
食品もスペースも勿体ないですよ。
 

また、これは衣服にも応用できるのです。

タンスに眠っている服を一度すべて出して、目視しましょう。
もう何年も来ていない服はありませんか?
これから着る予定はありますか?
年齢的にアウト?

処分しなければならない判断をするのは簡単。
着てみればよいのです。
私も学生時代に着ていたお気に入りのワンピースがなかなか捨てられませんでしたが、身に付けて鏡の前に立つと、「処分しよう」と即座に思いました(笑)

ショップで一目ぼれして服を買う瞬間はとてもウキウキしますよね。
でも、頭の隅に留めておいてほしいのは、さてこの洋服の居場所はどこにしよう? ということです。

クローゼットのラインナップを思い出すことができれば、「同じような服を持っているからやっぱりいらないわ」という判断をすることもできます。
無駄遣いが防げるわけです。
 

消耗品ばかりでありません。
プレゼントでいただいた素敵なお皿、飾り物と化していませんか?
代わりに百均のお皿を買おう、なんてとんでもない!
どんなに高級な品でも、ものは使うのが勿体ないんじゃありませんよ。

使わないのが一番勿体ないし、ものに失礼です。
ものは人に使われるために生まれてきました。
大切に使い切ってあげましょう。

そして、適切な在庫管理で、あなたにとって本当に必要なものを購入しましょう。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ