昼間のテレビを消しておくだけで電気代が2000円浮きました!

pixta_27089540_S

鷹野さん
私は今年で33歳になります。
結婚してから5年になります。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

いまの節約方法と言うか、節約しようと思ったきっかけがどうしても住宅のローンがあるのでそこを何とかしかったことです。
あとは、毎日ダラダラと家族がバラバラ食事したりと買ってきたものでレンジでチーンで済ませている食生活が続いていたので、それではちょっとこの先まずいと思いました。

色々と考えて節約と言うか、私生活の改善も求めて節約をするように決めました。

・どんな節約をしましたか?

最初は家族みんなで話し合い、どのようにどうするかを決めました。

そこでまずやり始めたのが、昼間、私は家にいて家事全般をしているのですが、昼間はテレビなどを点けないでラジオを聴くようにしています。
昼間は、電気量が少しあがったりするのでテレビなどの待機電力を抑えるためにコンセプトから外すようにしました。

床掃除をするときは、100円ショップで買ったホウキと散り取りで床を掃いて掃除するようにしました。

朝ご飯も毎日、おかずのローテンションを4種くらいに決めて置いて、それを平日は順番に出すようにしました。
そうすることで一回で買い物も済むようになったので、無駄にあれもこれもみたいな買い物が減りました。

・節約効果はありましたか?

これによって一か月の食費が5000円、浮かすことができるようになりました。

待機電力、昼間にテレビを点けないだけで一か月の電気量が2000円近く浮かせることに成功しました。

お買い物は一回で2日分を買うようにして、子供のおやつなどは買い置きするようにして戸棚にしまっておくようにしました。
後は、特売の時にのみウーロン茶、麦茶などを買うようにしています。

主人の仕事場でのお昼は全て手作りのお弁当に変えました。

ジュース代を浮かせるというか残したらお小遣いしていいと言う約束に変えたら、主人から自主的に水筒を買って毎日家から麦茶を持参するようになりました。
そのおかげもあってか主人の血糖値も下がり、掛かりつけの病院へ行っても最近は、よく身体の健康管理ができていると言われ主人も喜んでいました。

・メリットとデメリットを教えてください

節約は健康にも役立ったりするのですごくいいことがいっぱいです。

しかし、最初の頃は失敗も多く晩御飯おかずが毎日同じものが続いてしまったり、変に遠く安いお店まで探してまで買いに行ってしまったりとかしてまい逆に時間が無駄になってしまうことが多くありました。
ですが、そこは色々と失敗を重ねつつも学んでいくとよくなっていくので、いきなりよくしようとせず少しずつ買い物は一回で2回分を見たいにするといいかもしれないです。

後は、通勤では一つ隣町の駅まで自転車で行ってから電車に乗るようにすると、少し電車賃が浮い足りもしてるので節約にもなっています。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ