お米のとぎ汁の節約!掃除の洗剤代わりや美容の化粧水代わりで大活躍

pixta_4712704_S

YMさん
現在27歳、主婦歴7年目。

・どんな節約をしていますか?

大活躍しているオススメの節約方法は、お米のとぎ汁を再利用する事です!

お米のとぎ汁とは、その名の通り、お米を洗った時に出る白い液体です。
このとぎ汁は普段意識しなければそのまま捨ててしまうものですが、このお米のとぎ汁こそ節約に大活躍するんです。

使い方はいくつかあります。

まずは、お掃除。
米のとぎ汁には「γグロブリン」という成分が含まれています。
これがいわゆる界面活性剤の役割をするため、ピカピカにする効果があります。
リビングのフローリング以外でも、お風呂や洗面台など拭き掃除をする際にいろいろな場所で利用できます。

使う際は、100円均一で売っているような霧吹きにとぎ汁を入れたら、シュッと吹きかけて雑巾で拭くだけです!
バケツにとぎ汁を入れて直接浸して使っても大丈夫ですし、フローリングワイパーに雑巾を付けてもラクラクお掃除できますよ。
 

次は美容です。
お米のとぎ汁にはビタミンB1、B2、ミネラル、脂質、でんぷん質などが含まれているのでお肌に栄養補給してくれます!
洗顔に使う場合は、メイクなどは落とした後に、仕上げとして使います。
お米のとぎ汁を1.5倍程度に薄めてそのまま顏を洗うお水代わりにします。

パックにする場合はお米のとぎ汁をコップなどに取り分け、ラップをして冷蔵庫で5時間~一晩ほど置きます。
沈殿物が下の方にたまってきたら、上澄みを捨て残ったクリーム状の沈殿物を、顔に塗って3~5分パックしてから最後にぬるま湯で洗い流します。
これだけでモチモチ肌になりますよ!
 

他にも、湯船にとぎ汁を入れたら美容成分たっぷり入浴剤に早変わりです。
いつも捨てているとぎ汁がこんなに美容効果が高く、尚且つ無料なら文句なしですよ!

他には植物の水やりにも使えます。
お米のとぎ汁には、炭水化物や脂質、ビタミン、ミネラルなどが含まれているので植物の水やりに最適と言われています。
毎日のお庭やプランターの水やりに是非オススメです!

最後は料理です。
料理といっても何にでも使えるわけではなく、下ゆでに使います。
ゴボウや大根などアクの強い野菜の下ゆでにぴったりですし、食べ終わった後の食器をお米のとぎ汁に浸しておくと油汚れもするん、と落ちます!

・メリットとデメリットを教えてください

このように、お米のとぎ汁のメリットは毎日無料で手に入り、使い方次第で美容や掃除、お料理にも使える便利な事!

一つ注意する事はお米を研ぐ際、一回目のとぎ汁は農薬などが含まれているためかならず捨てること。
デメリットは、日持ちはしないため、冷蔵保存で半日から1日で使い切る、という事です。

・節約効果はありましたか?

私はおばあちゃんに聞いてからずっと活用していますが、余分な洗剤や水を使わずキレイになるため今も毎日活用しています。
年間にすると洗剤代だけでも5000円は効果ありますよ!

・これから始めようとしている方へアドバイス

この方法は簡単なので初心者にもオススメです!
これから節約したい人は是非参考にしてください。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ

家事や育児の隙間時間に
今どき主婦の在宅ワーク

文章を書いてお小遣いがもらえる「在宅WEBライター」の稼ぎ方について、分かりやすく解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です