衝動買いを抑えて食費を大幅に節約するちょっとしたコツとは!?

pixta_25733396_S

ハムランさん

食事にかかる費用に食費というものがあり、多くの人が取り組んでいる節約の1つが食費ですね。
食費は努力次第では支出を抑えることができる支出といえます。

食費を節約するコツ

食費の節約で気を付けなければならないことが、食材を買う時は必ずスーパーなどのお店を選んで行く事になり、お店に行くと自分が買いたい物もあれば、買わなくてもいい物もあり、そして買わなくてもいい物を思わず買ってしまったりすることが意外と多くあります。

「食材だけを買おうと思ったけど、つい本屋に立ち寄り料理本を買ってしまった」など、買わなくてもいいものを買う量が増えていくと、それに比例して食費もかさんでいくことになります。
買うものを明確にしていかないと衝動買いが増える一方なのです。

この、衝動買いを抑える買い物の仕方を工夫することで食費の節約につながることになります。
 

食材を買う場合、住んでいる所にもよりますが、食材を買う店などは自宅周辺などに何店舗かあり普段行き慣れている店で買うことが多くなります。
それぞれの店ではお客さんに来てもらうためにバーゲン・セールなどを実施しており、そういう特売を上手に利用すれば食費を抑えることができることもあります。

節約が上手な買い物とは、いろいろな店で買い物をすることは無く、普通1店舗、あるいは2店舗くらいで買い物を済ませると言います。
普段から買いなれている店で買う方が、あまり行かない店で買うよりも衝動買いをする確率が低いと言うことです。

普段行き慣れている店の場合、どこに何があるのかをしっかり把握していているので、何がどこの棚、コーナーにある、という細かな場所まで知っています。
ですから、買い物をする時に行動に無駄が無く、どこに行けば何が置いてあるかを知っているため、無駄に店内をうろつかなくて探すという行動を少なくして買い物ができ節約につながる買い物ができるのです。
 

この“探す”という作業が衝動買いをする確率を上げる要因になり、店内をいろいろ物色見しているうちに結果的に衝動買いが多くなってしまうのです。
食費を節約したいのなら、どこに何が置いてあるのかを正確に把握している店で買うように心掛けることも大事になります。

買い物の際は必要なものリストを作って買い物へ出かけ品物に優先順位をつけておくと、必要なものかどうか、判断する時間を作れて効果的です。
特に食材の場合は、冷蔵庫の中身を確認し、数日分の献立をあらかじめ考えておくことで、家計の無駄遣いを防ぐことができるようになるのです。

家庭の節約と切っても切れない関係なのが買い物で、買い物の時に気を引き締めるように決めておくことが日常生活における節約術の基本と言えます。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ