毎月必要になるお金を徹底的に予算化して無駄遣いをなくす節約術!

家

N19さん
21歳、主婦歴2年

・どんな節約をしていますか?

毎月必要になるお金を徹底的に予算化しています。

まずは毎月の固定費(家賃や携帯代、ローンなど)、次に食費、日用品費、こども用品などどれぐらい使うかが分からないものを先月はいくら使ったのかリストアップ。
このリストアップは今月の予算を決めるためにも重要ですが、何年間単位になってくると何月は食費が高いなど、家計簿をつけるだけでは気づけないような事に気づける上、無駄な浪費を減らすことにも繋がります。

次は、先月使った額に今月はどのくらい予算を足し引きするか検討します。
おそらくこの作業が一番大事。

具体的な例をあげると、先月は食費35000円。
今月は先月より休日が2日多い…ということはお出掛け先でランチを食べることを予想。
予算は先月の+3000円。
日用品費は洗剤のストックがあるので-500円など。

ざっくりとした予算を決めると次は、その予算の中の予算を決めます。
食費40000円(外食10000円 タンパク質7500円 炭水化物5000円 野菜7500円 お菓子やジュース3000円 卵と牛乳2000円など)

こうして全てを徹底して予算化することによって無駄遣いが確実になくなります。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

主婦になった当初は家計簿すらつけておらず、気づけば食費に7~8万円かかることもあり、まずは家計簿をつけ始めざっくりとした予算を決めました。
しかし食費4万円!といったざっくりした予算だと予算内だから大丈夫と思い、ついついお菓子やジュースを買い月末には食事の分の予算がなくなりました。

そこで徹底的な予算化にたどり着きました。

・節約効果はありましたか?

大体月の食費は2万円ほど減りました。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットは無駄がなくなること、食費に関しては栄養ごとに予算を振り分けているので自然と栄養バランスのとれた食事が作れるようになりました。

デメリットは想定外の事に対応できないことです。
例えばドラックストアで洗剤をかなり安売りしてるときとかは正直買い置きをしたほうが節約になるのかもしれませんが、予算化の徹底によりなかなかそういった買い置きはできません。
なのでそこだけはデメリットといえます。

・これから始めようとしている方へアドバイス

中々最初から予算化の徹底は難しいです。
最初は予算に予備費を作ると心に余裕が持てます。

どうしても生活をしてるとお金のことだけじゃなくてもストレスが溜まるので、私は予備費でカフェにいったりちょっと高いチョコレートを買ったりして気分を晴らします。

ぜひざっくりした予算分けからでも挑戦してみてください。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ