布おむつで子供2人を育てて48万円の節約になりました!

pixta_5218491_S

ぐりさん
44歳、主婦歴18年と4ヶ月

・どんな節約をしていますか?

おむつ代を節約しています。
当時、紙おむつが主流でしたが、布おむつで子供2人を育て上げました。

紙おむつ代の平均は、調べたところ3年で22万円。
おしりふき代は、3年で2万とのことです。
一人当たり3年で24万円になります。

我が家には2人の子供がいますので、ざっくり48万円節約できたことになります。

・具体的な方法を教えてください

具体的な節約方法ですが、おむつカバーを購入、各サイズ2枚ずつ購入。
1枚500円にも満たないです。

布おむつのためのさらしを購入しました。
そのさらしを直線縫いで加工しました。
長さ測って、切って、一辺直線縫いするだけです。
第1子が産まれるまでに準備しました。

価格は忘れてしまいましたが、そんなに高価ではございません。
2人フル活用しても未だ使える状態です。
洗濯はしなければいけませんが。

そして、これこそが節約なのですが、おむつライナーは一切買わず、ボロ布を10×20センチぐらいのものに切りため常備しておき、いつでもうんちに備え、布おむつにセットしてしていました。
うんちかおしっこかわからないので、全ての布おむつにセットしました。

おしっこのときはそのまま洗い再利用、うんちのときは、うんち部分だけトイレに捨て、うんちの付いた布はビニールに入れ速攻捨てました。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

きっかけは、紙おむつの高さとごみ捨ての大変さからです。
母からの助言もありました。
一人あたり24万を捨てるのは、職のないい私には、とても無理でした。

おしりふきに関しては、柔らかそうなボロ布を10×20センチに切っておいて、おむつ交換のときに温水に浸し使用していました。
温水と言っても今の世の中、蛇口をひねれば温水でてきますよね。
とても簡単です。

・節約効果はありましたか?

効果は、、上記のとおり金銭的にかなりあったと思います。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットは、おむつハズレが早かったことです。
2人とも1歳前におむつが外れました。
さらに、その後おねしょすることもなく、幼稚園でのおもらし等もございませんでした。

デメリットは、水道代、洗濯代がかかるということです。
でも、それは紙おむつ代に比べるととても安価です。

・これから始めようとしている方へアドバイス

確かに紙おむつは便利です。
また、おむつ専用の蓋付きバケツをご用意していただき、そこに布おむつ等を一時保管し洗濯するといいと思います。

ニオイ対策には、漂白剤も有効です。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ