メイン食材のローテーションを決めて合理的な買い物をする節約術

pixta_30229318_S

せどちなさん
28歳、専業主婦歴2年の主婦です。
出産を機に仕事を辞め、専業主婦になりました。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

私は料理は好きなのですが、食材のやりくりがあまりうまくありませんでした。
例えば、「魚が安売りだ、買おう!」と思い大量に買い、冷凍するものの、すっかりその存在を忘れて数か月後にダメになってしまった魚を冷凍庫から発掘したりしてしまうなど。
安い買い物をしても、結局食材をダメにしてしまうので節約どころか損をしていました。

「安く買うと考えるより先に、無駄をなくすことを考えねば。」そう思い立って、食材のやりくりをする方法を考えたのです。

・具体的な方法を教えてください

その方法とは、メイン料理だけ、先に献立を考えてしまうということ。

今までは、「今日はメインは焼き魚、副菜はサラダ、汁物は豚汁にしようかな」という風に、その日の晩ご飯の献立を当日の日中買い物する前に考えていました。
しかし献立を考えてからいざ買い物に行くと、「豚肉が見切り品で安くなっている!やっぱり今日は生姜焼きにしよう。でもそうすると豚汁だと豚肉がかぶってしまう。」という風にまた献立に悩んでしまったり、結局豚肉を買ったもののまたそれを使うのを忘れてダメにしてしまったり、ということがありました。

他にも、「鶏むね肉がすごく安い!3キロ単位でしか売ってないけど買ってしまおう!」と買って、悪く前に消費してしまおうと数日続けて鶏むね肉料理ばかりになってしまうなんてことも。

そこで、メイン料理の大まかなローテーションを作りました。
このローテーションは7日分を1パターンとして、全部で3パターンあります。

1パターン目は、1日目とりもも、2日目豚肉、3日目魚、4日目とりむね、5日目豚肉、6日目牛肉、7日目ひき肉、というもの。
2パターン目は、1パターン目の順番や中身を少し入れ替えたもの、3パターン目は3日目4日目をカレーにしたものです。

我が家ではこのパターンを、1パターン→2パターン→3パターン→1パターンという順番で、1か月回しています。
こうして先にメインとなる食材だけを決めてしまいます。
そしてこのパターン表を元に必要な肉や魚の量を計算し、月に1度、安売りの日にまとめ買いします。

あとはもう一切肉魚類は買い足さず、冷凍庫にある分を順番に消費していくのです。
こうすることで食材の無駄が減り、また何日も同じ食材が続くという事もなくなりました。

・節約効果はありましたか?

まとめ買いをして無駄な買い物に行く回数や食材のロスがなくなった分、食費も月3,000円~5,000円ほど安くなりました。

・メリットとデメリットを教えてください

このメイン食材ローテーション法のメリットは、毎日の献立の組み立てが楽になること、買い物に行く回数が減ること、食材のロスが減ることです。

デメリットは、月に一度まとめ買いし食材を冷凍するので、新鮮な食材を求める方や、買い物に行くこと自体が好き!という方には不向きなところでしょうか。
・これから始めようとしている方へアドバイス

我が家は3パターン作りましたが、もしこれからやってみようという方がいたら、最初は1パターンだけ作ってそれを繰り返し回していくというやり方でもいいと思います。
食材のロスが多いな、と悩んでいる方がもしいたら参考になれば幸いです。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ