電気と水道とガスのライフラインの光熱費を節約するコツをご紹介

pixta_30340084_S

ゆかおさん
私は、専業主婦歴5年になる29歳女性です。
子供が二人います。
旦那さんは公務員です。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

収入や、ボーナスは、安定していますが、毎月の生活は楽ではありません。
しかし、私たちの目標は住宅購入です。

家を買いたいということから、節約生活を初めました。

・どんな節約をしていますか?

我が家の日頃の節約生活について、ご紹介したいと思います。

まず、電気代の節約です。
もともと40アンペアでしたが、30アンペアに切り替えました。
アンペア数を落とすことで、基本料金が変わるんです。
何百円ですが、これが年間で計算すれば大きい金額になります。

次に、水道代の節約です。
主に使う水として、お風呂、トイレ、洗面所、台所です。
すべての止水栓を少し締め、水道代の節約をしています。
これをするだけで、月に1000円は違いますので、年間にすれば12000円の節約になりますね。
最初は、水の出が悪くて、ストレスでしたが、人間慣れですね。
しばらくたてば慣れました。

ガス代についてですが、一番ガス代がかかるのがお風呂です。
我が家では、ガス代節約のために、給湯温度を下げています。
また、湯船に浸かる回数も意図的に減らしています。
やはり、湯船につかれば水代もガス代もかかるので、たまにはシャワーで済ませます。

電気、水道、ガスのライフラインは、必ず毎月かかるものです。
なので、できるだけの節約をしています。
しかし、ストレスがたまってはいけないので、日々のクーラーや、テレビなどつけたいときにはつけるようにし、必要のないときには消すという習慣を心がけています。

・節約効果はありましたか?

この節約生活を初めて2年たちますが、2年間で、5万円近くの節約ができていると思います。
とくにストレスも貯めずにです。

水道光熱費の節約については、毎日のことですので、ストレスを、貯めないようにすることがポイントだと思います。
ストレスが溜まる節約生活は長続きしないので、夫婦で話し合いながら、節約するといいと思います。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットとしては、慣れれば、長期的な節約になることです。
デメリットとしては、慣れるまでがストレスが溜まりやすかったり、目に見えない節約なので、ストレスを、感じたりもするかと思います。

・これから始めようとしている方へアドバイス

これから節約を、しようと思っている人は、まず、出しっぱなしという状態、付けっ放しという状態をやめるだけでも節約につながると思います。

気をつけるのは、シャワー、テレビ、電気、クーラーなどですね。
必要なければ消す、止める。
これがまずは大事です。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ