買い物に行く回数を減らして安い食材で献立を決める食費の節約術

pixta_32415135_S

はるのさん
30歳、主婦歴7年

・どんな節約をしていますか?

私の節約方法は、食費や日用品の節約がメインです。

最初の頃はほぼ毎日買い物に行ってその都度食料品や調味料、足りなくなった洗剤、トイレットペーパーなど一ヶ所のお店で全て買っていました。
一回の買い物でも結構な金額になっていました。
あまり高いものを買っていないつもりでも、毎月手元に残るお金はほとんどなくかなり厳しかったです。

そこで買い物に行く回数を減らすことと、全ての物を一ヶ所から買わずに物によって何ヵ所かに分けて買うことにしました。
ここのお店はこれは安いけど、これは高いとかが結構あるので。

食料品を買うときも、作りたいものを優先して食材を選んでしまうと高くつくことが多いので、お店に行ってざっと値段を見て、今日はこれが安いからこれをメインにして作ろうとその場で簡単に何個かメニューを決めて何日分かまとめ買いします。

安い食材を組み合わせて買って次の日にまわしたりなどすると安くすみます。
その日に必要なくても人参、玉ねぎ、じゃがいも、キャベツ、卵などはよく使うことが多いので安ければ買っておきます。

買い物に行ったときに安い食材を探して、家に常備してある食材と組み合わせてメニューを考えていけばかなり安くご飯が作れます。
調味料は安くなっているときに買っておいたり、ドレッシングやタレなどはなるべく買わず手作りするなどするといいと思います。

子供のジュースや旦那が仕事に持っていく飲み物は飲料系が安いお店があるのでそこでまとめて買って、旦那には水筒に麦茶と2リットルのスポーツドリンクを500ミリリットルのペットボトルに毎日詰め替えて持たせています。
これで飲み物代もかなり安くすみます。

旦那のお弁当も、最初は冷凍食品など使っていてお弁当に結構お金もかかってたのですが、夕食のおかずを少しずつ何種類か取り分けてそれをお弁当にいれて持たせているのでわざわざお弁当のためにおかずを買うこともなくなりました。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

毎日買い物で出ていく金額が大きすぎて生活を圧迫していたためと、食費は節約しだいで減らせるはずと思ったからです。

・節約効果はありましたか?

節約の効果は今まで残るお金が毎月なく、月の後半はほんとに貧相な食事でしたが今は普通においしいご飯を毎日食べられるようになり、外食も全くできていなかったのですがたまに家族で外食する余裕も出ました。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットはお金に余裕ができること、月の後半に食費が足りないということがなくなりました。

デメリットは食べたいものがあってもその食材が高かったりすると作れないので我慢しないといけないことですかね。

・これから始めようとしている方へアドバイス

食費はやればやるぶんだけ抑えられるとおもいます。
手間と時間は少しかかりますが、毎日の積み重ねが結構大きいので少しずつでも挑戦してみてください。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ