子供の家具やおもちゃを手作りして楽しみながら節約しています

pixta_26685324_S

アルティミスさん
主婦歴4年目の38歳の専業主婦です。

・どんな節約をしていますか?

子どもの棚やおもちゃ類はなるべく手作りをしています。

段ボールを使って靴箱や表紙を見せられる本棚、カラーボックスに入れるおもちゃ箱、ミニハウスを作りました。
牛乳パックでイスを作ったり、塗り絵にラミネート加工をして魚釣りセットなども作りました。

あと、ひらがなカードなどのカード類もラミネート加工をして作りました。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

子ども用の家具やおもちゃは1つ1つ買うと高価なのと、身長や発達段階に合わせたものを提供したいと思い、手作りをし始めました。
ネットスーパーを利用しているので頑丈で大型の段ボールが多く、幅広く活用できました。

道具としては太いカッターと大きいカッターマット、長い定規、グルーガン(ボンドより丈夫にできます)があればいいです。
あとは、できあがったものにラッピングペーパーやイラストテープを張るとおしゃれにできます。

・節約効果はありましたか?

家具やおもちゃ類のもともとの相場がわからないので、どのぐらい得をしたかはわかりませんが、これらについてほとんど支出がないので節約にはなっていると思います。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットとしては、家具類は子どもの身長に合わせて設置したので、本の出し入れや靴の出し入れがしやすく、「できた」と実感が持てることが多くなりました。
本棚は、今は背表紙だけで本を選べるので、子どもが描いた絵を飾るなど、自分なりに考えて使い方を変えています。
また、いらなくなったらすぐに潰せるし、ゴミにも出しやすいのが利点です。

デメリットとしては作るのにけっこうな時間がかかっていまいます。
ただ、家具類は壊れないように頑丈に作っているので時間と手間はかかりますが、その分、長く活用ができているので結果的に良いのではないかと思います。
ちなみに靴箱、本棚は3年使っていますがヘタレもしていません。

・これから始めようとしている方へアドバイス

もともと私が物作りが好きだったので、いろいろ試行錯誤をして作っているのですが、それが良いストレス解消になっています。
しかし、あまり得意じゃない人は逆にストレスになってしまうこともあるので要注意です。

好きな方は、インターネットなどで作り方を公開している人もいるので活用していくといいと思います。
ペーパー類でできる簡単なものから、木材を使った本格的なものまでたくさんあります。

おもちゃ類は100円ショップにもけっこういいものがあるので、労力を考えたらこちらでいいようなものもあるので事前にチェックしておいたほうがいいです。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ