おかずの作りおきで毎日の食事作りが楽になり食費も節約できます!

pixta_14892544_S

ゆうみぃさん
私は29歳主婦7年目です。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

二人目の妊娠を機に今までしていたパートを辞め専業主婦になりました。

パートを辞めると当たり前ですが収入が減ります。
妊娠中は切迫早産になり長期入院になったため予定外に大きな出費が必要になり、節約をしなくてはいけなくなりました。

・どんな節約をしていますか?

退院後すぐに出産、一ヶ月の里帰り後から作りおきのおかずを作るようにしました。

一人目の育児中は育児疲れからスーパーでお惣菜や外食が増え食費が羽上がりました。
その反省を生かして、旦那がいる日曜日に作りおきを作ります。

そうすると日中子供が寝ず食事の準備ができない日も、最悪作りおきを出せば食べられます。

家に作りおきがあると『せっかく作ったから』と外食も減りました。
そうなるとお惣菜代、外食代が減ります。

・節約効果はありましたか?

一人目の時は平日は2回ほどお惣菜を出していて、一回の食費で1000円は必要でした。
外食も土日はどちらも1食していたので各3000円近く必要でした。

これが作りおきを作ることによりほぼなくなりました。

外食は息抜きも兼ねているため完全になるなることはありませんが、平日のお惣菜は今では完全に無くなりました。

私は毎回6品は作りおきを作ります。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットはやはり毎回の食事準備が楽なこと。
育児中以外にも働いていて帰ってから夕御飯の準備も時間が短縮できます。

デメリットは作りおきを作るのにも時間がかかることでしょうか。
私は段取りよく料理ができるタイプではありませんが、2時間ほどで作れます。

食べきるまで時間がかかるため、普段以上に清潔にも気を付けなければなりません。
また、水分が出にくくする工夫も必要になります。

慣れればとても楽ですが慣れるまではめんどうでした。

・これから始めようとしている方へアドバイス

私が作りおきを始めたときは、一週間分作ることがかなり負担でした。
いまいち量もわからないし、食べられる期限までに食べきれなければその分は節約のはずが無駄になります。
最初は量を知ることが大切です。

また冷凍OKと言われていても味が落ちてしまいいまいちということもあり、冷蔵と冷凍をどう回すべきか把握することも必要になります。
そのため私がこれから作りおきを始める方へアドバイスするとしたら、最初は2.3日分の作りおきからスタートするということです。
慣れてきたら4日分など少しずつ増やしていけば量の把握もできますし、作ったものが無駄になることもなくなります。

レパートリーも増え、食事準備が楽になり毎日のたくさんの品数がとれ良いことだらけの作りおを私はおすすめします。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ