ふるさと納税をすることで食費の節約になっています!

pixta_25855740_S

ヒヒョウさん
私は40代の専業主婦です。
主婦歴はもうすぐ10年になります。

・どんな節約をしていますか?

私は食費の節約として、ふるさと納税をしています。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

ふるさと納税をやり始めたのは3年前です。
それまで、気にはなっていたものの、手続きや自分の世帯だとどれくらい寄付が可能なのか調べるのもめんどくさそうだし、、とためらっていました。

しかし、雑誌の特集でふるさと納税を取り上げており、読んでみると、意外に難しくないのではと思い始めました。

また後日、そこで紹介されていた、ふるさとチョイスさんというサイトを見てみたところ、納付先や返礼品の多さにびっくり。
何より、少ない給料なのに、非情にもかなりたくさんの税金がひかれていて、ただ納付するだけなのはもったいないな、と思っていたことが大きかったです。

・具体的な方法を教えてください

ふるさと納税は、基本的にはいくらでも寄付ができます。
ただ、控除してもらえる上限の範囲というのは収入などにより決まっており、その範囲で寄付を行えば2000円を超えた分の寄付金については、税金から差し引かれるというものです。

また、寄付したことにより寄付先の自治体から返礼品がもらえる、というシステムです。
これらをまとめて、たった2000円で色々なものが手に入る、という認識で広まってしまっています。

・メリットとデメリットを教えてください

このシステムのメリットとしては、まず、全国の様々な自治体を知ることができます。
こんなに、きれいな自然が残っているとこもあるんだと、見ているうちになんだか親しみがわいてきます。

あとは、やはり返礼品でしょうか。
我が家では実用性のあるもの、自分たちのご褒美として、普段はあまり買わないものに分けてセレクトしています。
 

実用性のあるものはやはりお米です。
同じ1万円の寄付でも、高いブランド米は10キロの返礼ですが、お米の種類や自治体によっては1万円の寄付で20キロ頂けるところもあります。
男の子二人の我が家は量重視。
一年のうち、新米の予約受付の時に、3万円の寄付で60キロという返礼品がある自治体を選んで寄付しています。

また、自分たちへのご褒美として、主人は色々な土地の地酒、私はしゃぶしゃぶ用のお肉などを選んでいます。
効果としてはわかりませんが、いつも5キロで1700円くらいのお米を買っていた我が家にとって、60キロのお米がもらえるというのはかなりの節約です。

また、地酒は1万円の寄付で6本入りのものもあるので、一つづつ手土産にも使えますし、しゃぶしゃぶのお肉もとてもおいしいので、外食がわりになります。
 

デメリットとしては、その年の収入の上限というのは、年末にくる源泉徴収票がもとになりますので、その年の上限がいくらになるか、控除になる範囲内の寄付額がいきらかというのは、前年度の収入を参考におおよそで見ておかないといけません。
控除は、翌年の税金から引かれますので、寄付した金額というのはそれまでは、自分で立て替えのような形になります。

また税金を他の自治体に寄付した分、自分の住んでいる自治体の税金から引かれるわけですから、住んでいる自治体の税収が減るのだという認識も必要です。

・これから始めようとしている方へアドバイス

ふるさと納税、なんとなくめんどくさそうだし、と、思っている方々も多いと思います。
でも一度やってしまうととても簡単ですし、メリットも多いので、オススメですよ。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ