食費の予算を立てて献立を決めてから買い物へ行く我が家の節約術

pixta_30229378_S

クロギナオコさん
30歳主婦歴半年の主婦です。

・どんな節約をしていますか?

食費の予算を立て、献立を決めてから買い物へ行く節約をしています。

・節約しようと思ったきっかけはなんですか?

妊娠を期に会社を辞め、専業主婦として家計を預かる立場になった時に、「なるべく無駄な買い物はせず、かつ満足度の高い食卓」を夫に提供したいと思ったからです。
それまではお互い共働きで、家計のやりくりもなんとなくやっていました。
しかし子供が生まれるのであればなるべく貯金していきたいですよね。

そこで、私はまず食費予算を立て、それから献立を考えてからスーパーに行くようにしました。
 

我が家の食費予算は一か月3万円。
買い物には週に2回行くことにしています。
ですので一回の買い物にあたり、週5計算で3000円が目安となってきます。

予算が決まったら、次に献立を考えます。
 

「スーパーに行ったときに安い食材を買って、それから献立を考えた方がお得なんじゃないの?」と思われるかもしれません。
しかし、そのやり方だとどうしても使い切れない食品が生じますし、予想外に食材を多く使ってしまって、またスーパーに行かなくてはいけない、なんてこともあるかもしれません。

スーパーに行ってしまうと、つい余計なものまで買ってしまう危険があるので、それは絶対に避けたいところです。
予算の範囲で献立を考えれば、食品のロスもありませんし、無駄な買い物もしなくて済みます。

ここで気を付けたいのは、食品の構成比です。
各ご家庭の好みによってくると思うのですが、私は肉・魚などのメイン食材を1000円、野菜を1000円、その他乳製品や練り物、お菓子等で1000円を目安に買い物をしています。
育ち盛りの子供がいたり、逆に年齢の高い夫婦二人の家庭だったりすると、その構成比は変わってきそうです。

・節約効果はありましたか?

この節約方法の効果ですが、我が家の食費予算が一か月3万円のところ、2万5千円程度で収まっているので、無駄な買い物をせずに済んでいるな、と実感しています。

・メリットとデメリットを教えてください

この節約方法のメリットは、買い物の構成比を出すので、無駄な買い物を防ぐとともに、食事の栄養が偏らないことにも繋がることです。

デメリットとしては、徹底的に献立を守るので、突発的な家族の食事のリクエストに応えづらいことです。

・これから始めようとしている方へアドバイス

これからこの節約方法を試してみたい、という方は、献立を考える時には、事前に家族の食べたいものを聞いておいたり、メリハリのある食卓を心掛けるといいかもしれませんね。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ