ハーフティッシュにして箱ティッシュの消費を抑える節約方法

pixta_10159491_S

ゆらりさん
29歳、主婦歴1年

・どんな節約をしていますか?

お家に箱ティッシュが居間と寝室に2つ常備されています。
そのうち、居間にあるティッシュをハーフティッシュにして1回に使う量を減らしています。

やり方は、ティッシュを開封する前に箱の横から開いて全てを取り出ます。
中身をハサミで切れる範囲の4束程度に分けた後、真ん中から半分にハサミで切ります。

全部半分に切ったら元のように重ねて箱の中にしまいます。
上の取り出し口は真ん中を1~2センチ残して、カッターで切り取り出し口が2か所になるようにします。
面倒な時はいつも通り取り出し口を全て開いてしまってから、箱の真ん中に輪ゴムなどをかけて2か所に分かれるようにします。

これで1回に箱から取り出す量が半分になります。

・節約をしようと思ったきっかけは何ですか?

原油の高騰による紙類の値上がりがあったことと、毎回箱ティシュを買い足す際に、地味に大きな出費だなと思っていました。
食費は限界まで工夫していて、食べ物は体を作るものなのであまり節約にこだわりたくないと思い、日用品で何か節約と考えた時に1番取り組めそうなことが箱ティッシュの消費削減でした。

・どのくらい効果がありましたか?

これまでは1か月に3箱は消費していましたが、ハーフティッシュにすることによって、1か月に1.5箱ほどに減りました。
箱1つが70円とすると70円×1.5箱で1か月105円、年間で1260円ほど節約できている計算になります。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットとしては、ストレスなく続けられることです。
最初は引き出した時に半分しか出てこないとイライラするんじゃないかと思っていましたが、始めてみると特に不便なく使えることが分かりました。

特に居間で使用するのはテーブルの上をちょこっと拭いたり、口や手を拭いたりする時などで、ティッシュを使う時は意外と半分の面積で十分なことが分かりました。
 

デメリットとして衛生面の不安があります。
使用前に箱から出して手や物がティッシュに触れるので、手に付着している細菌などが移ってしまう可能性があります。

ただ医療現場ではなくあくまで家庭なので、例え少し汚染されていてもそこまで被害は無いと考えています。

・これから始めようとしている人へアドバイス

向き不向きがあると思いますが、一度チャレンジする価値はあると思います。
私も最初は抵抗があったものの、今ではすんなりと生活の一部となっています。

ただ節約できる金額がごくわずかではあるので、紙の消費を抑えてエコな生活になっているという意識も持っていると続けやすいと思います。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ