スーパーで食材を割引価格で購入するときに大事なコツとは!?

pixta_32330491_S

はるのこさん
私は30代です。
主婦歴は5年になります。

・どんな節約をしていますか?

私が実践している節約法は、日々の食材を買う際に定価ではほとんど買わないということです。
特に野菜や肉類魚類などの生鮮食品、またパンはほとんど定価で買いません。

スーパーでは、主に開店時間直後は前の日の売れ残りや消費・賞味期限の近づいているものなどは朝の棚卸の際にチェックするので割引で売られていることが多いです。
また、閉店間際には惣菜やパン類などが割引になります。
割引されているものは多少鮮度が落ちるかもしれませんが、使えないもの食べられないものが売っているわけではないので、当日だけでなく2、3日先まで余裕で使えます。

肉類や魚類は半額に値下げされているものもあり、こういう場合にはまとめ買いをして冷凍庫に保存しておきます。
トレイからは出して個別にサランラップにくるんでおけば、使いたい分だけ回答すればいいのでとても便利です。

また、パンも冷凍できます。
トースターでこんがり焼いてしまえば、風味も食感も問題なくおいしいパンが食べられます。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

割引されたものを狙って買うようになったのは、両親との同居です。
単純に食事をする人数が増え、食費にかかる金額が夫婦2人のときの倍以上になってしまい、家計がもたないので節約をしなければと思い、始めました。

・節約効果はありましたか?

この節約方法のおかげで、4人でも夫婦2人のときと同じくらいの食費で済むようになり、かなり効果を感じています。

・メリットとデメリットを教えてください

スーパーの側も人の体内に入るものですから、危ないものは売っていないので意外と長く使えるものもあったりして問題はありませんし、とてもお得です。
また、冷凍しておけばいつでも使えるので、忙しくて買い物に行けないときなどにはそこから献立を考えて使うこともあるのでとても便利です。

デメリットとしては、特に野菜は冷凍保存できないものもあるので、安くなっているからと買い置きしておくと、使う前に腐ってしまうことがあることです。
特に夏場は腐敗が早いので気を付ける必要があります。

冷蔵庫に入らない場合にはなるべく風通しの良い場所に保冷剤を袋に入れて一緒に保管しています。
この方法だとかなり長持ちします。

・これから始めようとしている方へアドバイス

これからこの割引食品で食費を節約しようとする人には、開店時間から1時間以内には行くことです。
また閉店間際は、スーパーによってだいたい割引がされる時間帯が決まっているので、それに合わせていくと、種類も豊富でたくさんの割引商品をゲットすることができるので時間をよく考えて買い物に行くことをおすすめします。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ