もやしをフル活用して月3000円食費の節約に成功しました!

pixta_27004859_S

ベルさん
32歳、主婦歴5年

・どんな節約をしていますか?

私は食費を削るために、もやしをフル活用しました。

例えば…焼きうどんなら、お肉を減らす分もやしを増やして満腹感を得たり、何種類もの野菜を入れていた炒め物は、シンプルにもやしだけにしたり。
値段の高いたけのこを入れていた中華丼は、代わりにもやしを入れてボリューミィ丼にアレンジしました。
茄子が高いときは、麻婆茄子の代わりに麻婆もやしを作り、好評でした。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

私自身、食べることとお料理が大好きなため、お料理の材料費は惜しみなく出してしまう傾向がありました。

ある時ふと、何でこんなに毎月お金がないんだろう…?
外食は控えて自炊してるのに…と思いました。

そこで、出掛ける度にお店でもらうレシートを1ヶ月、捨てずに溜めてみたんです。
すると、外食はほぼゼロなのに、スーパーで買う食費が外食と同じくらいかかっていることに気づきました。

お料理をするたび、前菜、主菜、副菜、汁もの、デザートとすべて作って用意したくなるタイプで、その分材料費もかさんでいたんです。

自炊しながらも材料費を節約するには…?と考えたとき、真っ先に浮かんだのが、もやしでした。
とにかく安いのはもちろん、淡白でどんな味にも合いますし、満足感もあります。

私の腕の見せどころ!と思い、いかにもやしをメインにして家族に満足感を与えられるか…と考えながらお料理をするようになりました。
レシピを編み出すのが好きな私には、とても楽しいやり方でした。

・節約効果はありましたか?

もやしを意識的に増やして1ヶ月、溜めたレシートを計算してみると、前の月より3000円の節約に成功していました!
いかに食費に無頓着だったかを痛感しました。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットは、もやしひとつで色々なお料理が作れて、楽しみながらレパートリーがぐんと増えたことです。

そして節約とは別のところで出た思いがけない効果は、なんとダイエットでした。
たとえばカレーうどんの日は、麺類を半分にしてもやしでカサ増しをしましたし、中華丼なら、値段の高い挽き肉やたけのこを減らして、もやしで代用。
食費だけでなく油分や炭水化物まで減ったおかげか、私は1ヶ月で2キロ痩せました。

そしてデメリットは、好き嫌いに左右されてしまうことです。

幸い我が家はもやし嫌いな家族がおらず、みんなパクパク食べてくれましたが…
野菜のしゃきしゃき感が苦手な方には、到底受け入れられない節約方法だと思います。

・これから始めよとしている方へアドバイス

スーパーでいつも特価、主婦の味方な食材・もやし。
お料理次第では食卓の主役として、安く満腹感を与えてくれます。

お料理が好きな方はぜひ、楽しみながら取り入れてみてください。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ