赤ちゃんの成長に合わせて着せる子供服をリメイクする節約術

fun happy baby boy to wash clothes and laughs in laundry

ここっとさん
32歳で主婦歴は四年になります。

・どんな節約をしていますか?

私は子育て中に子供の服にとてもお金がかかると感じて、リメイクする節約をしていました。

今は子供もだいぶ大きくなったのですが、赤ちゃんの頃はすぐにサイズアウトしてしまい、お祝いでもらった服や自分で可愛いと思って購入した服でも着れないという事が多くありました。
勿体無いし、次のサイズの服をまた新たに全て買っていては家計が回っていかないので、自分でコツコツとリメイクをして子供に着せていました。

特に、初めの頃に買った赤ちゃん用の防寒着であるジャンプスーツは、足の部分を切り落としほつれないように縫い直すだけで、少し大きくなってからも厚手のロンパースとして着られるようなり重宝しました。

また、抱っこ紐やベビーカーのよだれカバーもサイズアウトした服を切って縫い合わせ、スナップボタンを付けるだけでそれなりに可愛く出来上がります。

だんだん月齢が高くなって赤ちゃんが活発に動けるようになってくると、ベビーベッドに手足を挟んだり、頭を打ったりすることも出てきたので、いらなくなったバスタオルを台紙に巻いてベビーベットの周りにガードを作ったりもしました。
赤ちゃんが寝ている時間に少しずつ作っていました。

・メリットとデメリットを教えてください

自分で作ると使い勝手から工夫して自分ならではの物を作る事ができるし、毎日の育児に追われる中でも少しだけ息を抜ける時間にもなって良かったです。
育児をしていく中で、欲しいなぁと思った物を全て購入していくのではなく、自分でリメイクすることで服代や細かな小物代が浮いたと思いますし、子供の為に色々と着やすいようにと工夫できた事は良かったと思っています。

反対にデメリットは、デザインや機能にこだわりすぎて、新たに裁縫に使う物を買い足したりもしていたので、タダで新しい物を作るという訳にはいかない時もあったということです。
また、ミシンを持っていなかったので、1つの物を作るのに時間がかかりました。

糸などの始末をきちんとして赤ちゃんに危険がないように充分配慮する必要もあると思います。

・これから始めようとしている方へアドバイス

これから、この節約方法をされる方へ。

赤ちゃんが産まれてからは、なかなか時間がなくバタバタとしてしまうと思います。
そんな中でこのような事ができたのは、私の赤ちゃんはよく寝てくれたからという事が大きいと思います。
赤ちゃんとの時間を一番にして、もし少しでも時間に余裕がある場合はやってみると自分のストレス発散にもなって良いかと思います。

赤ちゃんの服は本当にサイズアウトが早いです。
特にあまり着る機会のないタイプの服でも必要で1つは持っていなければいけないという場合も多く、それをその時々の赤ちゃんに合うように形を変えて、また与えてあげれたら良いかと思います。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ