スーパーで無駄な買い物をしない節約術で食費が5千円浮きました!

pixta_31823578_S

クロギナオコさん
現在30歳、主婦歴半年の主婦です。

・どんな節約をしていますか?

スーパーで無駄な買い物をしない節約術です。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

この節約をしようと思ったきっかけは、自分が買ってきた食材を腐らせやすいという短所に気づいたからです。

以前の私は、スーパーに行って予想外に安いものがあったりすると、ついつい買ってしまいがちでした。
しかし、計画性のない買い物で買った食品は、用途を見出すことができず、冷蔵庫の中で腐ってしまう事もしばしばありました。

それではあまりに勿体ないと思い、私は根本的に買い物の仕方を改善することにしました。

具体的に気を付けていることは2つです。

  1. 買い物は献立を考えてから立てる
  2. 買い物はメモを作ってスーパーに行く

①買い物は献立を考えてから立てる

以前無駄な買い物をしていた時は、「スーパーで安い食品を買って料理をすれば節約になる」と考えていました。
ですので、献立は買った安い食品で後から考えていました。

しかし、それで使い切れない、無駄な食品が発生してしまっていたのでは、結局節約になっていなかったのです。
そこで私は、あらかじめ献立を決めてから買い物をすることにしました。

何日か分の作り置き食材やメインを含めた献立を決めてしまい、買い物をします。
すると、おかずが「見える化」して使い回せる日数が把握できるようになったので、購入する食材自体が減りました。

また、購入する商品があらかじめ分かっているので、買い物の予算が立てやすく、オーバーすることもなくなりました。

②買い物はメモを持ってスーパーに行く

これは、スーパーでお買い得商品を見つけた際に余計に買ってしまわないために気を付けている事です。
安いものは確かに魅力的ですが、ついこれもこれもと買ってしまうと、「予算オーバーする癖」が簡単についてしまいます。
そして月末になって食費が苦しくなってしまうのです。

買い物をするときには必要なものだけを計画的に買うようにしたいものですね。

・節約効果はありましたか?

この2つの節約術で我が家の家計にどれくらい効果があったかというと、一か月3万円かかっていた食費が、2万5千円にまで減ってきました。
やっぱり無駄な買い物が多かったんだな、と反省しています。

・メリットとデメリットを教えてください

この節約方法のメリットとしては、食品のロスがなくなるという事です。

しかし、デメリットととしては、副菜のおかずの作り置きが前提になるので、何日か同じおかずが続いてしまいます。
そのあたりを家族の了承を得た方がいいかもしれません。

・これから始めよとしている方へアドバイス

これからこの節約方法をやってみたいという方は、副菜のレパートリーがあると、家族も飽きがこず、楽しく節約できると思いますよ。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ