トイレのタンクの中にあるチェーンに重りを付けて水道代を節約!

TOILET

さつきさん
38歳、主婦歴5年
夫、子供1人の3人暮らしです。

・どんな節約をしていますか?

我が家では水道代節約の為にトイレに節水用の重りをつけています。

ホームセンターで売っていたもので、トイレのタンクの中にあるチェーンに引っ掛けてレバーを重くすることによって、レバーを回している時間しか水は流れず、手を離すと水は止まってしまいます。
つまりトイレを流したあとにも流れ続ける無駄な水をカットするものです。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

この節約をしようと思ったきっかけは、テレビの情報番組を観ていて、トイレを1回流すときに使う水は2リットルだということを知り恐ろしくなってしまったからです。
すぐにホームセンターへ行って、トイレの節水グッズを探して見つけて試してみました。

・節約効果はありましたか?

水道代としての効果は微々たるものですが、これをはじめたことによって家族の意識がとても変わりました。
以前はトイレの無駄な「流れっぱなし」に気を止めなかったのですが、お店のトイレに行ったあと「無駄に流れていて気になってしょうがなかったよ!罪悪感が生まれるよ!」と言うようになりました。

この意識の変化によって、トイレの水だけではなく、歯磨き中の水の流れっぱなしに気を付けるようになったり、お風呂で身体を洗うときシャワーを使わずに手桶でお風呂のお湯を汲んで使ったり、水全体に対する「罪悪感」「もったいない」の意識が変わったように思います。

・メリットとデメリットを教えてください

この節水方法のメリットはもちろん資源に対する意識の変化です。
今後、水だけではなく電気やガスについても意識が変わっていったらいいなと思います。

デメリットは、水はレバーを回している時間しか流れないので、回しが足りないときには流れきらずに残ってしまうことがあることです。
今までのトイレを流す感覚ではなく、ちゃんと目視をして流さないといけないので、流し残りがあると衛生的な問題と、家族間でちょっとした喧嘩になってしまいます。

あとは、お客さんが来てトイレを使用される際に説明をしなければいけないことです。
(これがちょっと恥ずかしい。)

・これから始めようとしている方へアドバイス

これから始めようとしている皆様へ。
トイレの水だけでは目に見えるほどの節約にはならないかもしれませんが、家族の「水を使いすぎてる」ということの意識を変えることには最善な節約方法だと思います。

流し忘れについては、最初はあるかもしれませんが徐々に慣れていきます。
嫌でなければトイレに貼り紙をしてもいいかもしれませんね。(お客さんが来る際は剥がさないといけないですが…。)

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ