3項目だけの簡単家計簿は大雑把で記入しやすく続けやすいです!

pixta_26228466_S

いつずさん
41歳主婦歴12年

・どんな節約をしていますか?

毎日家計簿をつけることです。

あまり細かいと続かないので、項目が週単位で「食費」「日用品」「その他」の3項目に分かれた家計簿を使っています。
買ったもの一つ一つ記入しなくてもよいので、大雑把でも記入しやすいです。
他の項目は末尾に月単位に収入、支出の欄がありそこに記入して月毎の集計ができます。

雑誌「レタスクラブ」から発売されている家計簿です。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

学費の貯金を増やすためです。
結婚して第1子妊娠中まで夫婦フルタイム共働きだったため、それまでは家計簿を書いても三日坊主、お金には余裕があったためお金はあればあるだけレジャー、外食で出費が多く貯金が思うようにできていませんでした。

育児のために専業主婦になっても、その傾向は少しは変わったけどやはり毎月赤字続き。
2人の子どもの学費の貯金にこれからは習い事代、塾代大きくなるとますます物入りになるため家計を見直し貯金を増やそうと思いました。

・節約効果はありましたか?

2万余裕ができました

家計簿をつけてみて改めて無駄に食材を買っていたことを痛感させられました。
生協の個配も使っているのですが、長期間冷凍庫に入りっぱなしの食材が多かったので、その週だけで食べるものだけ注文するようにしました。

食費が下がったことで2万余裕が出ました。

・メリットとデメリットを教えてください

メリット:

1.数値が明確でわかりやすい
2.料理上手になった

メリットは何と言っても数値が明確に記入されているため無駄な出費が抑えられることです。
週末に月~日の集計をするため最近は「今週は食費がかかりすぎている」と反省し、次週は節約することができます。

食材ももったいないので余った食材、悪くなりやすい食材を常備菜にすることもするようになりました。
多めに作れば夫のお弁当のおかずにもなります。

デメリット:三日坊主になりやすい

デメリットは、まめに記入しないと三日坊主になります。
レシートは3日以上はお財布に溜めないようにしています。

週をまたいだら全く思い出せなくなることが多々ありました。
過去に何度も家計簿で節約しようと思いわからなくなると失敗しています。

・これから始めようとしている方へアドバイス

コツコツ自分のペースで合う方法で続けましょう。

家計簿はただ漠然とつけようとしたときは三日坊主で終わってしまいました。
家の収支をはっきりさせたいため、貯金を増やすためと目的を明確にしたら続くようになりました。

家庭により「レジャー費が高い」「外食費が高い」など傾向があります。
家計簿をつけて私はやっとわかりました。

コツコツ自分の書きやすい方法で記入したら続きやすいのではないかと思います。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ