味噌や梅干しなど作れるものは自分で作って節約しています

f6f776e179f64fc001977460e9c1c4f2_s

ひろとさん
40歳、主婦歴15年

・どんな節約をしていますか?

我が家の節約法は、「作れるものは手作りで」です。
3度の食事を手作りするのは当たり前ですが、その他にも自分で作れるものは全部作ってしまいます。

例えば、味噌、梅干し、漬物、ジャム、干物、毎日のおやつなどです。

味噌や梅干しは1年分をまとめて決まった季節に作ります。
漬物は、冷蔵庫にあるぬか床に残り物野菜を入れるだけです。
ジャムや干物は、材料が安く入手できた時に作ります。

おやつは焼き菓子、餅、和菓子、干しイモ、プリン、ゼリー、ピザ、パンなどを作ります。
小麦粉や砂糖ゼラチンなどの基本的な材料を切らさないようにストックしておくことがポイントです。
ホットケーキミックスなんかも安売りの時にまとめ買いしておくと重宝します。

そして、冷蔵庫の在庫を見て、インターネットで検索すると、おいしくて簡単なレシピがすぐに見つかります。
出来上がったものを買うのと違って、材料費だけで済むので安上がりです。

日持ちのするものを作るときは、材料が安い時にまとめ買いして作り置けば、節約効果はさらにアップします。

・節約しようと思ったきっかけは何ですか?

元々実家では昔から、母が毎年味噌を手作りしていて、それを時々実家に帰ってもらっていました。
ある年、味噌作りを子供たちと手伝った際、子供たちが「楽しい!うちでも作りたい!」と言ったこと、転居で実家が遠くなってしまったことをきっかけに、「我が家でも作ろう!」と、色々なものを手作りすることを始めました。

・節約効果はありましたか?

節約効果はといえば、市販のものを買っていた時と比較して、おやつ代だけでも月に1000円以上は節約になっています。
調味料や漬物なども合わせると、数千円の節約になっていると感じます。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットは家族のコミュニケーションになること、子供たちが料理上手になっていくこと、そして何より体に良くて安心な物が食べられるということがあります。

我が家では、味噌や梅干しなどの年に1度作るものは、夫と子供たちと、家族全員で作ります。
もはや家族の年中行事と化しています。
そして素材から扱うことで、子供たちも料理への興味や知識がとても向上しています。

デメリットとして挙げるなら、やっぱり手間がかかることでしょうか。
時間がないとできません。

・これから始めよとしている方へアドバイス

もし、これから節約で手作りを始めようと思った方がいたら、続けるコツは「とにかく楽しむこと」です。
節約できて、楽しんで、ヘルシーで、一石三鳥です。

ぜひお試しください。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ