食材を余すことなく活用して楽しみながら節約しています

pixta_27315086_S

ペコリーナさん
34歳、主婦歴12年です。

・どんな節約をしていますか?

食材を余すことなく使います。

例えば、ニンジンの皮は剥かずに使います。
皮にはビタミンが多く含まれていて健康にもいいです。

大根については皮を取り置いておき、お味噌汁やキンピラを作るときに使います。

お菓子は基本手作りを心掛けています。
週末に日持ちのするホールケーキ(チーズケーキ)なんかを焼いてみたり、さつまいもを皮まで使ってスイートポテトを大量に作って一週間分としています。

お漬物も自分で作ります。
ゆずやカボス、柑橘系の果実を使って料理をして余った野菜をビニール袋に入れて揉みこんで即席で作っています。

冬場なんかはミカンの皮を乾燥させてネットに入れてお風呂の中へ入れたりもします。
冷凍することが好きではないので、できる限り食材は調理して冷凍せずに食べきれる量を購入するようにしています。

ですので、買い物は基本的には週に1回と決めて、途中での買い出しは徹底的に控えています。

・節約をしようと思ったきっかけは何ですか?

節約を考えた時に工夫次第で減額が簡単だったからです。

・節約効果はありましたか?

毎月-8000円以上の黒字になりました。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットは、やっぱり黒字が大幅に出て節約を実感しやすく、達成感もあり、苦しくないこと、そして化学調味料の使用が少なくなり健康志向になることです。
手作りすると健康によく、経済的でいいことばかりです。

デメリットは、質素な料理を展開しないように創意工夫の精神が常に必要とされることです。

・これから始めようとしている人へアドバイス

身近なところから節約を考えてみてください。
節約は「苦」を感じた時点で長く続きません。

若い年齢の人、例えば大学生や高校生が少ないお小遣いやバイト代の中でうまくやりくりして学生生活が楽しめているのは、決められた金額の中、手にできる金額の中で何とか工夫をして楽しむことができるからです。
「楽しむ」ことの発想は加齢と共に減少していきますので、是非、心がわくわくする方法で節約に取り組んで下さい。

あと、できれば、パートナーがいるなら一緒に楽しめて心強いです。
一人で節約でキューキューになると悲壮感が漂ってしまいます。
一緒に笑って節約できる人と取り組んでほしいと思います。

 

※人気ブログランキングに登録しています。
こちらの記事が役に立ったと感じた場合には応援クリックよろしくお願いします。
↓↓


節約・貯蓄 ブログランキングへ